DAIWAさんは、その昔、クロスメーターやチューナーを販売していました。...
そのDAIWAさんが販売していた、オートアンテナチューナー「CNA-2002」です。
CNA-2002-1
見た目は昔使っていた方ならおなじみのクロスメーター付きアンテナチューナーですが、よく見ると手動式で使うチューニング用のツマミが右側に小さく2つ縦にあります。(これはチューニング後にバンド内周波数を動かしたときの微調整用です。)
真ん中に大きくバンド切り替えとアンテナ・ダミーの切り替えスイッチがあります。
下側には、いろいろなスイッチが装備。
CNA-2002-2
裏面は、RF IN×1、RF OUT×2の他に13.8V電源入力(チューニング動作用)があります。
CNA-2002-3
赤の[LINE]ボタンで電源ON、一番右の[TUNER]ボタンをONにして、トランシーバーと同じ送信周波数(バンド)につまみを合わせ、送信しながら緑の[OPE]ボタンを押すと、ジーって音を出しながらチューニングをとり始めます。
無線機内蔵用チューナーがオプションだった頃の物と同じ動作方法なので、気長に?チューニングを待ちます。クロスメーターの動きを眺めて待つのも乙なもの。
チューニングがとれると緑の[OPE]LEDが消えて完了。SWRメーターでもバッチリ落ちています。
アンテナを[DUM]に切り替えて全バンド動作させましたが、ちゃんとチューニングとれました。ただ、アンテナによってSWRが下がらない場合は[BAND]をお隣に設定して再チューニングするとうまくいくようなので、[BAND]はあくまで目安といったところでしょう。