航空無線(エアーバンド)、船舶無線(国際VHF)、鉄道無線など業務無線の受信に関する機器も取り扱っています。
★業務無線の受信可能エリアに注意
  • 業務無線は話す相手と通信ができれば十分なので、電波が届くエリアも必要最小限になっています。
  • また、エアーバンドは航空機からの電波は届いても、地上(管制塔)からの電波が聞こえないと楽しみも半減です。
  • このように受信対象によって電波の飛び方(=受信できるかどうか)が変わることになります。
★事前に受信環境の把握が重要
  • 受信可能エリアと受信場所のミスマッチが起きると、機材を揃えても受信が難しい場合があります。 よって、店頭で現地の状況をお聞きして、受信の可能性を含めて機材を検討いたします。
  • 受信したい電波は、周辺の地形以外にも色々なノイズの影響を受けやすいので、事前に周辺環境を確認することが重要です。
★BCLはアマチュア無線を開局すれば世界が広がります
  • 短波帯(BCL)専用のラジオだけでなく、短波帯が連続受信できて性能が優れたアマチュア無線機の活用も可能です。免許取得すれば、実際にアマチュア無線の交信(受信)を通して電波状況の把握も可能になります。
  • 受信機やアンテナなどの相談もお気軽にどうぞ。